【 医院・クリニックの開業広告戦略 】


【 医院・クリニックの開業広告戦略 】


はじめに

 医師は、「先生」と呼ばれ、社会的地位においては高い地位にあります。いわゆる「士業」の上位ランクにあります。その士業の仕事は社会の中で専門性が高く、高度に信頼の要求をされる仕事あり、士業は人々に信頼感を与えることが集客の核心になります。そして、士業の仕事は社会生活上の重要な利益(命、健康、財産等)の創作や保護を支援する職種です。その支援の依頼を獲得(集客)するためには、まずは依頼者に信頼感を持ってもらう必要があるのです。そこで、開業時に少しでも多くの信頼を得るためにできる、広告宣伝のポイントをご提案します。

Ⅰ.開院における広告宣伝のポイント

 開業時(当初)の広告宣伝のポイントは次の点にあります。

  • ① 自院(これから開院する自分の病院 )については全く無名なので、
      とにかく自院の存在を広範囲に知らせる必要があります。
  • ② 自院の広告を低費用で効果的に行う必要があります。
  • ③ 広告の費用対効果を検討する必要があります。

 インターネットを活用し、ホームページやブログを開設したり、Facebook(フェイスブック)等の
ソーシャル・ネットワーキング・サービスを利用して広告することも効果的な方法です。


Ⅱ.開院広告の三種の神器

 開院時には、最低限次の三種の広告をする必要があります。

開院広告


Ⅲ.その他の主な開院広告

  • ① 内覧会
       開院前に1~2日程度、地域住民に対して自院の公開を行う。
  • ② ミニコミ誌への広告
       診療圏内にあるミニコミ誌に、自院の開院広告を出す。
  • ③ 駅看板
       駅看板や駅掲示板に、自院の開業広告を出す。
  • ④ 電柱広告
       誘導看板的な働きがあり、設置場所を厳選すれば効果的である。


最後に
 開院時の広告宣伝は、低予算でとにかく広範囲に自院を告知する点に目的を絞ります。この点を指針に広告宣伝の方法を選定してください。





*上記に関するご質問は、下記連絡先までお問合せ下さい。
「開業場所研究会」運営会社
メディカルリンク株式会社
TEL:03-5604-2083
medilink@tky2.3web.ne.jp