【 医院承継(医業承継)無料相談サービス 】


【 医院承継(医業承継)無料相談サービス 】





 医院継承(医業承継)には大きく分けて2通りあります。
1つは「血縁関係による承継(①)。そしてもう1つが、「第三者間による承継(②)です。
①の地血縁関係による承継については、「親子間で生前に医院を引き継ぐ」又は「相続で引き継ぐ承継」の2パターンが考えられます。 後継者がいない医師の場合、第三者に医院の資産(不動産・機材・患者等)を引き継ぐ事になります。これが②の第三者間による継承です。

 日本は高齢化社会の進展に伴い、医療の現場においても後継者難は大きな問題の一つになっています。 60歳以上の開業医の割合が全体の3割~4割といわれ、血縁の後継者が不在で廃院予定の医院の話もかなり多いのが現状です。また一方で、若年層の勤務医が医院クリニックの新規開業を目指す場合、設備や機器の投資等に多額の費用がかかります。そして多くの地域では病医院が飽和状態の現状になっています。その為金融機関からの融資が厳しく、昔ほど開業は簡単にできなくなってきています。

 当研究会では、廃院はしたくないが後継者がいない開業医の方と、開業を希望される現在勤務医の方との橋渡しを中立的な立場からサポート致します。
是非一度、こちらのアドレスへ ( medilink@tky2.3web.ne.jp ) メールでご連絡下さい。ご事情を良くお聞きして、
適切な解決策をご提案致します(相談無料)。


医院承継相談サービス