【 医院開業後の医療法人化の検討 -法人化のメリットとデメリット- 】


医院開業後の医療法人化の検討 - 法人化のメリットとデメリット -





 医院・クリニックを開業する場合、一般的には個人で開設し、その後医療法人にするケースが多いです。
医院法人化を目指すとしても、法人化のメリットとデメリットをよく検討する必要があります。
医療法人化のメリットとデメリットは次のようにまとめることができます。

【 医療法人化の “メリット” 】

  •  1、個人所得の税金の軽減
  •  2、退職金の支給を受けることができる
  •  3、社会保険診療報酬の源泉徴収がありません
  •  4、生命保険の上手な活用ができる
  •  5、社会保険が強制加入となることにより、人事面の信頼が増す
  •  6、消費税が1~2年間免除になる



【 医療法人化の “デメリット” 】

  •  1、社会保険への加入が必須となる
  •  2、法人設立の費用がかかる
  •  3、接待交際費の損金への一部不算入が出てきます
  •  4、法人と個人のお金の分離化による会計処理の厳格化
  •  5、法人の設立手続きが煩雑


 上記のように、医療法人化にはメリットとデメリットがありますが、自院を一定の組織として長期に維持・発展
させるためには、法人化は必須の作業
といえます。


*この点についてのご相談は、メールにてお受けいたします。

「開業場所研究会」運営会社
メディカルリンク株式会社
medilink@tky2.3web.ne.jp

開業場所研究会 【2014年3月】キーワード検索結果

【3月】キーワード検索結果
 現在、「医療ビル ○○(地域名)」の各種キーワードで上位に上がっています。(月間訪問数:1,171 , ページビュー数:2,543 『平成26年3月』)
「神奈川」1位 「埼玉」2位 「千葉」1位 「東京」4位(2014.4.2 googleより)
3月の注目度1位物件は、川崎市川崎区「カルナーザ川崎」でした。
検索キーワード1位の単語も、「カルナーザ川崎」でした。

*当サイトに物件を掲載後、その物件は数日中にグーグルヤフー検索で上位(10位以内)にきます!

開業場所研究会ではバナー広告を募集しております! 続きを読む »